『終わりの風景 ~英語圏文学における終末表象 ~ 』の詳細情報

終わりの風景
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 終わりの風景
サブタイトル 英語圏文学における終末表象
著者 [著者区分]■岸野英美 [編集]
■平塚博子 [編集]
■辻和彦 [編集]
出版社 春風社 レーベル
本体価格
(予定)
3100円 シリーズ
ページ数 240p Cコード 0098
発売予定日 2022-11-04 ジャンル 一般/単行本/外国文学、その他
ISBN 9784861108235 判型 A5
内容紹介
文学作品において描かれる環境問題、自然災害、社会変動などの終末表象に着目し、「終わり」を新たな可能性として捉え、読み解く。
目次
はじめに【辻和彦】
序章 リタ・ウォン作品にみる水の詩学―「借用された水」、「水の旅からの急報」、「グレゴワール湖のために」【岸野英美】
第1章 終末世界を救済するための小説のデザイン―カズオ・イシグロの内的持続の文学と『クララとお日さま』【田中ちはる】
第2章 コロナ禍の時代を生きる命と想像力―アリ・スミス『夏』における「終わりの風景」と希望の可能性【霜鳥慶邦】
第3章 家族の終わりとナクサライト―ジュンパ・ラヒリ『低地』とアルンダティ・ロイ『小さきものたちの神』をとおしてみる二つの「応答責任」【加瀬佳代子】
第4章 アジア系アメリカ文学における〈天災〉と〈人災〉―ヒサエ・ヤマモトとルース・オゼキの作品を中心に【松本ユキ】
第5章 「終わり」の見えない不安―イアン・マキューアンの『土曜日』試論【高橋路子】
第6章 ゾラ・ニール・ハーストンの『彼らの目は神を見ていた』における災害とレジリエンス【平塚博子】
第7章 荒野の王が見た風景―シェイクスピア悲劇『リア王』における飢饉、大嵐、疫病【高橋実紗子】
第8章 〈終わりの風景〉の向こう側―インドラ・シンハの『アニマルズ・ピープル』とボパール、水俣、太平洋核実験【小杉世】
終章 災害と感染症時代の恐怖―エドガー・アラン・ポー作品を辿る【辻和彦】
終わりの風景の終わりに【辻和彦】
著者略歴(岸野英美)
岸野英美(きしの・ひでみ) 近畿大学経営学部准教授
著者略歴(平塚博子)
平塚博子(ひらつか・ひろこ) 日本大学生産工学部准教授
著者略歴(辻和彦)
辻和彦(つじ・かずひこ) 近畿大学文芸学部教授
他の書籍を検索する