『工科系学生のための〈リベラルアーツ〉』の詳細情報

工科系学生のための〈リベラルアーツ〉
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 工科系学生のための〈リベラルアーツ〉
サブタイトル
著者 [著者区分]■上原直人 [編集]
■藤本温 [編集]
出版社 知泉書館 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 220p Cコード 1050
発売予定日 2023-02-06 ジャンル 教養/単行本/工学・工学総記
ISBN 9784862853790 判型 46
内容紹介
-
目次
序章――リベラルアーツの現在(藤本 温)
 1 リベラルアーツとは
 2 今日のリベラルアーツ
 3 工科系学生のためのリベラルアーツ
 参考文献


第Ⅰ部 歴史のなかの〈リベラルアーツ〉

第1章 教養理念の原点を問う――古代ギリシアのパイデイアは何を目指したのか?(瀬口昌久)
 1 教養が重んじられた古代ギリシア
 2 パイデイアが目指したアレテーとは?
 3 ソフィストの弁論の教育とソクラテスの徳の教育
 4 プラトンの学園アカデメイア
 5 イソクラテスの修辞学校
 6 技術と教養
 参考文献

第2章 西洋中世のリベラルアーツ――自由学芸について(藤本 温)
 1 西洋12,13世紀という時代とリベラルアーツ
 2 13世紀までのリベラルアーツ
 3 13世紀のリベラルアーツ――トマス・アクィナス(1)
 4 徳と技術――トマス・アクィナス(2)
 5 大学制度の中で
 6 技術との関わりで
 参考文献

第3章 啓蒙時代の教養と科学・技術――科学史の視点から(川島慶子)
 はじめに
 1 自由学芸の「自由」と技術
 2 啓蒙時代と聖俗革命
 3 『百科全書』と技術
 4 『ミクロメガス』――啓蒙主義の「夢」
 5 知識や教養は誰のものなのか――ジェンダー・民族・階級の問題
 6 科学技術と教養――工学は何を目指すのか
 参考文献

第4章 日本における教養史――大正教養主義を中心に(犬塚 悠)
 はじめに
 1 「修養」と「教養」
 2 大正教養主義
 3 大正教養主義への批判
 4 今日の教養と技術者
 参考文献


第Ⅱ部 今を生きる〈リベラルアーツ〉

第5章 歴史学における批判的思考――ビゴーの「魚釣り遊び」を用いて(古結諒子)
 1 情報を批判的に検討するとは?
 2 情報は操作されている
 3 受信者は誰か――横浜居留地の特殊性
 4 主役は受信者
 5 「表現」と「考え」の相違
 6 「魚釣り遊び」から「漁夫の利」へ
 7 工学との対話に向けて
 参考文献

第6章 自然人類学という視点――なぜ人種差別は起こるのか?(小田 亮)
 1 なぜリベラルアーツ?
 2 なぜ人類は多様なのか?
 3 なぜ差別や偏見があるのか?
 4 行動免疫による外集団の排除
 5 工学とリベラルアーツ
 参考文献

第7章 心の理――その視点と広がり(田中優子)
 1 心理学とはどのような学問か
 2 心に対する記述的アプローチ
 3 心理学の広がり
 4 工学と心理学
 参考文献

第8章 社会を「良く」するヒントを探る――経済学の視点から(川崎雄二郎)
 1 経済学で「良い」社会について考える?
 2 個人と社会の利益に関する考え方――効用,余剰
 3 良い配分とは何か――効率性と公平性
 4 市場経済における効率と公平をめぐる問題
 5 経済的な豊かさと幸福とのつながり
 6 技術が社会にもたらす効果
 参考文献

第9章 「競争のための学び」と「共生のための学び」(上原直人)
 1 学ぶことの意味を考える
 2 学校制度以前の社会と人々の学び
 3 学校制度の登場
 4 学校の定着と学歴社会の形成
 5 高学歴化と揺らぐ学校
 6 共生のための学び
 7 21世紀における学びと技術者
 参考文献

あとがき(上原直人)
索引
執筆者紹介
他の書籍を検索する