『子どもはミライだ! 子どもが輝く発酵の世界』の詳細情報

子どもはミライだ! 子どもが輝く発酵の世界
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 子どもはミライだ! 子どもが輝く発酵の世界
サブタイトル
著者 [著者区分]■オオタヴィン [著・文・その他]
■オオタヴィン [著・文・その他]
出版社 木楽舎 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 Cコード 0095
発売予定日 2022-02-01 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784863241589 判型 A5
内容紹介
全国のお母さんから圧倒的な支持を集める大ヒットドキュメンタリー映画「いただきます みそをつくるこどもたち」の映画監督・オオタヴィンによる初のフォトエッセイ集。
詩的な映像美を再現する数々の写真とともに、発酵食、オーガニック農業、自然保育、自由教育...これまでのドキュメンタリー作品で取り上げてきた“持続可能な社会には大切なもの”を読み解く一冊。
目次
はじめに

第1章 みそをつくるこどもたち 食べたものが、わたしになる
門をくぐると そこは昭和だった
『はなちゃんのみそ汁』と出合う
そして、映画がはじまった
1970年代のミステリー
祖先の道に還ることは、文明の退化ではない
西園長は、武士だった
さらば、園長
ソウルフードがある幸福
ポエトリー・ドキュメンタリーのつくりかた
タネをまく人

第2章 ここは、発酵の楽園 食べたものが、心になる
そうだ、『いただきます2』をつくろう
180度変わる微生物の常識
“オーガニック野菜は、虫食い野菜”という誤解
“オーガニック農業は重労働”という誤解
世界を逆さから見る男
微生物は、りんごの守り神
菊地さんが目指すは、食養農業
毎日、「薬」を食べよう
雑草という草はない
里山保育が育てる地球の子どもたち
みそは、おかあさんのお守り
おこめのかみさま
クラウドファンディング、してみた
究極の健康法?

第3章 夢みる小学校 まず、子どもから幸福にしよう 
「先生」がいない!? 子どもが主役の学校
「学年」がない、「テスト」がない、「成績通知表」がない
愛があふれる職員室
本籍地は子どもの村、現住所はパジェロ
旅立った子どもたち
僕は「発達障害児」だった!?
「教育システム」が「発達障害」をつくる
ミライの学校
実は公立学校も自由だった
もっと、先生に自由を!
「公教育」だって、選択したい
“学校”が、みる夢
その後の「夢みる学校」
中学生の僕へ

第4章 大切なことは、みんな川が教えてくれた
「あの瀬を越えられたら、人生が変わるよ」
川の学校
ネイティブジャパニーズ
水上の瞑想
自分のなかの「医者」と邂逅する
食べたものが、夢になる

第5章 まほろば ようこそ、なつかしいミライへ
コロナがやってきた
自然免疫あふれる保育園
コロナで加速するオーガニック
えー、こちらは、まほろば放送局です
なつかしいミライの田んぼ UTAUTA
まほろばの宮沢賢治
ようこそ、なつかしいミライへ

あとがき
著者略歴(オオタヴィン)
自身の大病をきっかけに、発酵食・伝統食で自身の体調を改善させた“発酵映画監督”。
その体験を活かし医食同源・食養生をテーマにした初監督作品『いただきます1 みそをつくるこどもたち』は累計上映回数800回を今なお更新中のロングランヒット作。
有機農業と発酵をテーマにした『いただきます2 ここは、発酵の楽園』に続き、
心の発酵をテーマにした最新作『夢みる小学校』は2022年2月シネスイッチ銀座ほかで公開。“なつかしいミライ”へ向かう新作映画を、日々、妄想中。
著者略歴(オオタヴィン)
自身の大病をきっかけに、発酵食・伝統食で自身の体調を改善させた“発酵映画監督”。
その体験を活かし医食同源・食養生をテーマにした初監督作品『いただきます1 みそをつくるこどもたち』は累計上映回数800回を今なお更新中のロングランヒット作。
有機農業と発酵をテーマにした『いただきます2 ここは、発酵の楽園』に続き、
心の発酵をテーマにした最新作『夢みる小学校』は2022年2月シネスイッチ銀座ほかで公開。“なつかしいミライ”へ向かう新作映画を、日々、妄想中。
他の書籍を検索する