『CHANEL 自分を語る』の詳細情報

CHANEL 自分を語る
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル CHANEL 自分を語る
サブタイトル
著者 [著者区分]■小沢瑞穂 [翻訳]
■J.C.ナピアス [編集]
■P.モーリエ [著・文・その他]
出版社 さくら舎 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 176p Cコード 0098
発売予定日 2022-06-09 ジャンル 一般/単行本/外国文学、その他
ISBN 9784865813456 判型 46
内容紹介
創造、仕事、自由。辛辣シャネルの箴言!

20世紀を代表するファッションデザイナー、ココ・シャネル。彼女の創った服のみならず、その強い意志、創造性、仕事への愛など、シャネルというひとりの人間が、いまなお人々を魅了する。本書はそんなシャネルが歯に衣着せぬ物言いで語った、ファッション、仕事観、女性観、人生観などについての語録である。

「批判するのが大好き。批判できなくなる日が来たら、私の人生は終わりね」
「女性にきれいでいてほしい。そして、自由でいてほしい。自由に腕を振って、サッサと動いてほしい。時代とともに。」
「お金は嫌いだし、当然ながらお金を持っているだけの人も嫌い。お金のことしか話題にしない人たちは、とても退屈ね」
「ひとりぼっちほど最悪なことはない。いえ、もうひとつあるわ。カップルでいながら、ひとりでいること」
目次
ココ 自分を語る
ココとファッション
ココとクチュール
ココとスタイル
ココとエレガンス
ココとジュエリー
ココと香水
ココと色彩
ココと仕事
ココと創造
ココとラグジュアリー
ココと時間
ココのウィット
カール・ラガーフェルドによるココ
ココ 自分を語る2
著者略歴(小沢瑞穂)
東京に生まれる。立教大学卒。翻訳書にミリオンセラー『小さいことにくよくよするな!』(サンマーク出版)、『ローマの白い午後』『エンドレス・ラブ』(以上、早川書房)、『私のエルビス』(新潮社)、『誤植聖書殺人事件』(扶桑社)、タン『私は生まれる 見知らぬ大地で』(角川書店)など、著書に『やっとひとり』(晶文社)がある。
著者略歴(J.C.ナピアス)
作家、出版者、編集者。Quiet Corners of Paris等、パリに関する本を執筆。フランスの文学作品の編集も行なっている。
著者略歴(P.モーリエ)
ライター、編集者、ジャーナリスト。芸術、文学、ファッション、装飾美術についての著作やエッセイ多数。
他の書籍を検索する