『編曲の美学 ~アレンジャー山川恵津子とアイドルソングの時代 ~ 』の詳細情報

編曲の美学
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 編曲の美学
サブタイトル アレンジャー山川恵津子とアイドルソングの時代
著者 [著者区分]山川恵津子 [著・文・その他]
出版社 DU BOOKS レーベル
本体価格
(予定)
2500円 シリーズ
ページ数 272p Cコード 0073
発売予定日 2024-05-17 ジャンル 一般/単行本/音楽・舞踊
ISBN 9784866472171 判型 46
内容紹介
人前で歌うのは嫌い。でも音楽を仕事にしたかった。

レコーディングのときめき。編曲作業の人知れぬ苦労...。
1000曲以上のアレンジを手がけ、サウンド志向の時代をけん引した、
日本を代表する女性編曲家がはじめて綴った職業=アレンジャーへの思い。

80年代のアイドル全盛期から現在まで。
1曲が完成するまでに関わるプロの裏方たちの仕事と矜持。
ディレクター、マニュピレーター、写譜屋さん、エンジニア、スタジオミュージシャンたちとの出会い。

歌手と編曲家との相性抜群の名曲を生み出した渡辺満里奈との30年越しの「初」対談、
ボカロ曲「人マニア」も話題の、新世代の音楽プロデューサー原口沙輔との世代を越えた同業者同士の濃密な対談も収録!

巻末には音楽家、豪華ライター陣による推薦曲レヴューも収録!
特別寄稿:売野雅勇、金澤寿和、加茂啓太郎、川原伸司、栗本斉、ケンカイヨシ、藤井陽一、星健一、馬飼野元宏、松井五郎、山口美央子
目次
著者略歴(山川恵津子)
1956年生まれ。作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、スタジオミュージシャン。フェリス女学院大学音楽学部声楽科卒業。高校2年生の時にヤマハポピュラーソングコンテストに応募、大学時代はヤマハ音楽振興会でアルバイト。当時の後輩に大村雅朗がいた。谷山浩子をはじめ様々なミュージシャンのバンドにキーボードやコーラスで参加。1980年、ギタリストの鳴海寛と「東北新幹線」を結成、アルバム「THRU TRAFFIC」は早すぎたシティポップの名盤として現在高く評価されている。その後、作曲家・編曲家として活動。アグネス・チャン、岩崎宏美、岡本舞子、おニャン子クラブ、寺嶋由芙などの楽曲の作編曲を担当。
とくに渡辺満里奈はアルバム全曲の編曲や大半の作曲を担当。松田聖子や小泉今日子のガイドボーカル(仮歌)も担当。1986年、小泉今日子の「100%男女交際」で女性史上初の第28回日本レコード大賞編曲賞を受賞。その他、受賞作多数。
他の書籍を検索する