『HOW TO THINK LIKE Einstein アインシュタインの思考哲学』の詳細情報

HOW TO THINK LIKE Einstein アインシュタインの思考哲学
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル HOW TO THINK LIKE Einstein アインシュタインの思考哲学
サブタイトル
著者 [著者区分]■ダニエル・スミス [著・文・その他]
■菅原登記子 [翻訳]
出版社 文響社 レーベル
本体価格
(予定)
1580円 シリーズ
ページ数 308p Cコード 0098
発売予定日 2022-08-04 ジャンル 一般/単行本/外国文学、その他
ISBN 9784866515502 判型 46
内容紹介
イギリス発、全世界18カ国で翻訳された
「すごい人の思考が学べる本」が日本に上陸!
アインシュタインの有名エピソード、発言を紐解きながら、
成功をおさめるための「アインシュタインの思考哲学」を紹介!


光のあとを追いかけたらどうなるのだろうか?
光線に乗っておいかけたら?
同じ速度で追いかければ光は止まって見えるのだろうか?
光の速度とは何なのだろうか?
――アルベルト・アインシュタイン

●本書の特徴

★☆★アインシュタインの思考=「思考哲学」がわかる!★☆★

祝・ノーベル物理学賞受賞から100年!
世界を揺るがす「相対性理論」は
こうして生まれた!

・好奇心は才能を凌駕する
ー大切なのは問い続けることを止めないことです。
好奇心が存在するには理由があるのです。

・知識よりも大事なのは想像力
ー知識よりも想像力が重要です。知識には限界がありますが、
想像力は世界を包み込むことができます。

・人間関係の適温を探る
ーあらゆる人間関係の無情さを知るに至り、
温度のバランスを保つために自分を隔離して
熱や冷気から身を守ることをまなびました。

・気高く、崇高なものを求め続ける
ー私たちが経験し得る最も美しいものは“神秘”である。
それこそがあらゆる真の芸術や科学の源だ。


●本書の読みどころ

①ノーベル賞受賞から早100年。
今もなお語り継がれる、史上最高の物理学者の生い立ちとは?

幼少時には言語発達の遅れがあり、家政婦にもバカにされていたアインシュタイン。
しかし、持ち前の好奇心の強さと直感(ひらめき)を突きつめることで、
数々の発見を成し遂げていく様は圧巻です。

②アインシュタインが抱えていた葛藤の数々

アインシュタインは、数々の栄光の裏側で、
自身の発見が原子爆弾の開発につながったという過去を持っています。
また、世界的な偉業を成し遂げるまでにはユダヤ人としての苦難を味わったことも。
アインシュタインの知られざる苦悩や葛藤を知ることができる一冊です。

③一人の人間としてのアインシュタイン像がわかる
アインシュタインは世界的著名人としての優れた人格を持ちながらも、
実は身内との人間関係にはかなり難があったと言われています。
そんな聖人君子ではない、アインシュタインの真の人物像に迫る
エピソードも多数掲載しています。
目次
著者略歴(ダニエル・スミス)
ノンフィクション作家、ライター。専門は政治経済、社会史。著書は20カ国超で翻訳され、全世界で450,000部のヒット。また、アワードを受賞したポッドキャスト番組「A Short History of…」シリーズの脚本家でもある。
著者略歴(菅原登記子)
東京外国語大学卒業。団体職員を経て、実務翻訳、ビジネス関連の書籍翻訳等を手掛ける。本書の同シリーズ、「HOW TO THINK LIKE Bill Gates ビル・ゲイツの思考哲学」の翻訳協力も務める。
他の書籍を検索する