『愛と絶望のコリア記 ~地方記者が見つめ続けた韓国 ~ 』の詳細情報

愛と絶望のコリア記
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 愛と絶望のコリア記
サブタイトル 地方記者が見つめ続けた韓国
著者 [著者区分]藤井 通彦 [著・文・その他]
出版社 海鳥社 レーベル
本体価格
(予定)
1900円 シリーズ
ページ数 368p Cコード 0036
発売予定日 2022-12-09 ジャンル 一般/単行本/社会
ISBN 9784866561356 判型 46
内容紹介
韓国の魅力を愛し、日韓関係の改善を信じて取材と報道を続けてきた。
その思いが絶望に変わる……。

彼らにとって「あるべき歴史」こそが「正しい歴史」であるとする韓国社会のナショナリズム。
「不道徳」を決して許さず、ときに陥る独善的な行為の根底にある朱子学思想。
彼らの行動原理となる独自の理屈とは。
愛着と失望を経て韓国を俯瞰した一記者の手記。
植民地支配だけではない、その理由を知る。

*巻末には「現代コリアを読み解く上で不可欠なキーワード」とその解説を掲載!
目次
著者略歴(藤井 通彦)
1958年、大分市生まれ。早稲田大学政経学部卒業。
1981年、西日本新聞入社後、社会部、東京支社報道部などで勤務。
国際部釜山在住、ソウル支局長、国際部長、論説委員長などを歴任し、2016年退社。
著書に『秋山英一聞書 韓国流通を変えた男』(西日本新聞社、2006年)がある。
他の書籍を検索する