『「本人の意思確認不能」「キーパーソン不明」が困難ケースでなくなる日 ~高齢おひとりさま社会の生前契約 ~ 』の詳細情報

「本人の意思確認不能」「キーパーソン不明」が困難ケースでなくなる日
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 「本人の意思確認不能」「キーパーソン不明」が困難ケースでなくなる日
サブタイトル 高齢おひとりさま社会の生前契約
著者 [著者区分]NPO法人 地域の包括的な医療に関する研究会 [編集]
出版社 へるす出版 レーベル
本体価格
(予定)
1200円 シリーズ へるす出版新書
ページ数 128p Cコード 3247
発売予定日 2022-06-01 ジャンル 専門/新書/医学・歯学・薬学
ISBN 9784867190418 判型 新書(B40)
内容紹介
「生前契約」という言葉をご存知でしょうか。
これは「ご自分の死後の財産について」だけを考える言葉ではありません。
人生の最終段階を迎えるに際し,次第に判断能力が低下してきた状況,突然に意志表明や意思確認が困難になってしまった場合,またそうした際にいわゆる「キーパーソン」がどなたかがわからない事態に備えて,あらかじめさまざまな事柄を託しておく生前契約。家族形態が多様化している現代において,社会機能の一つともなり得る考え方の一つです。
本人の希望に寄り添うだけでなく,かかわる家族や医療職などの専門職種のサポートにもつながる生前契約につき,救う医療・支える医療の最前線の担い手たちが余すところなく語ります。
目次
序文
役員一覧
参加者紹介
Ⅰ プロローグ―救う医療と支える医療の担い手たち
Ⅱ デキるチームのコツはごちゃまぜ⁉
Ⅲ 新概念「周死期」が、社会に風穴をあける!
1.周死期にある倫理的なポイントとは?
2.パターナリズムって悪じゃないの?
3.キーパーソンにされちゃった… 危機を救う生前契約
Ⅳ 知っていますか? 人生の最終段階でのさまざまな課題
1.いま、どうして死にたいように死ねないのか
2.葬儀の心配だけでよかった時代はもう終わった―死後のことから身元引受、そして生前契約へ―
3.渡る世間は〇〇次第…?
4.私の死に方、誰になら任せられるの?
5.国任せ、人任せにしない支え合いを探して:信託方式
6.生前契約が変える最期の暮らし方
他の書籍を検索する