『あんなにあった酸葉をだれがみんな食べたのか/あの山は本当にそこにあったのか』の詳細情報

あんなにあった酸葉をだれがみんな食べたのか/あの山は本当にそこにあったのか
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル あんなにあった酸葉をだれがみんな食べたのか/あの山は本当にそこにあったのか
サブタイトル
著者 [著者区分]■朴 婉緒 [著・文・その他]
■朴 暻恩 [翻訳]
■朴婉緒 [著・文・その他]
■李 正福 [翻訳]
■真野 保久 [翻訳]
出版社 影書房 レーベル
本体価格
(予定)
2900円 シリーズ
ページ数 530p Cコード 0097
発売予定日 2023-05-26 ジャンル 一般/単行本/外国文学小説
ISBN 9784877144968 判型 46
内容紹介
日本の植民地支配下での幼年時代の田舎暮らしから、何度も入れ替わる支配体制に翻弄される朝鮮戦争下のソウルでの日々、成長期を迎えた少女時代の〝家族〟との葛藤、時に家父長制を体現する母親との確執、そして一家の大黒柱となり自立した大人の女性へ――。
現代韓国を代表する作家が、自らの波乱に満ちた半生をつづった自叙伝小説、2著を新訳・合本。

鋭い感受性と洞察力、そして抜群の記憶力に基づいて、開城(ケソン)近郊の田園風景の中で過ごした天真爛漫な幼少期、7歳でソウルへ出てから日本の植民地支配からの解放を経て、19歳の時に勃発した朝鮮戦争下を必死に生き延びた凄絶な苦闘の日々を、詳細かつ生々しく描き出した本書は、「小説」として優れた作品であると同時に、「純粋に記憶力だけに依拠」して書かれた稀有な記録の書であるともいえます。

内外で高く評価され、読み継がれる朴婉緒の自伝的小説。累計150万部を超すロングセラー。
目次
あんなにあった酸葉をだれがみんな食べたのか

 再びの序文に 
 《作家の言葉》 自画像を描くように書いた文章
   *
1 野生の時代
2 果てしなく遠いソウル
3 城外で
4 友だちのいない子
5 三角庭の家 
6 祖父と祖母 
7 兄と母 
8 故郷の春 
9 たたきつけられた表札 
10 暗中模索 
11 その前夜の平和 
12 輝かしい予感 

  * * *

あの山は本当にそこにあったのか

 《作家の言葉》 私たちはこのように生きてきたの
   *
夢を見たんだ、だけどもう見ない
臨津江だけは越えるな 
狂った白木蓮 
ときには粃も怒りを感じる 
真夏の死 
冬木立 
門外の男たち 
エピローグ 
……………………
 訳者解説 
 訳者あとがき
著者略歴(朴 婉緒)
1931年、開城(現在の北朝鮮南部の都市)近くの田園地帯で両班の家系に生まれる。39歳の時(1970年)に小説「裸木」で文壇にデビュー。中編小説「母さんの杭」では、母が手術後の病床で兄の朝鮮戦争時の悲劇的な死を思い出し、恐怖のあまり発狂する様を描き、李箱文学賞(山田佳子訳『現代韓国短編選 下』所収、岩波書店、2002)、1990年には「未忘」で大韓民国文学賞他、韓国の主だった文学賞を数多く受賞し、誰もが知る国民的作家となった。
邦訳に、「盗まれた貧しさ」(古山高麗雄編『韓国現代文学13人集』所収、新潮社、1981)、『結婚(原題:立っている女)』(中野宣子訳、學藝書林、1992)、『新女性を生きよ(原題:あんなにあった酸葉をだれがみんな食べたのか)』(朴福美訳、梨の木舎、1999)、『慟哭―神よ、答えたまえ』(加来順子訳、2014)、『あの山は、本当にそこにあったのだろうか』(橋本智保訳、以上かんよう出版、2017)ほか。また、アメリカ、フランス、スペイン、タイ、中国などでも諸作品が翻訳・出版されている。
著者略歴(朴 暻恩)
1980年ソウル生まれ。2006年来日。東京女子大学現代文化部卒業後、外国語学院で韓国語講師として勤務。2014年、『王陵と駐屯軍―朝鮮戦争と韓国の戦後派文学』(真野保久氏との共訳、凱風社)を翻訳出版。
著者略歴(朴婉緒)
1931年、開城(現在の北朝鮮南部の都市)近くの田園地帯で両班の家系に生まれる。39歳の時(1970年)に小説「裸木」で文壇にデビュー。中編小説「母さんの杭」では、母が手術後の病床で兄の朝鮮戦争時の悲劇的な死を思い出し、恐怖のあまり発狂する様を描き、李箱文学賞(山田佳子訳『現代韓国短編選 下』所収、岩波書店、2002)、1990年には「未忘」で大韓民国文学賞他、韓国の主だった文学賞を数多く受賞し、誰もが知る国民的作家となった。
邦訳に、「盗まれた貧しさ」(古山高麗雄編『韓国現代文学13人集』所収、新潮社、1981)、『結婚(原題:立っている女)』(中野宣子訳、學藝書林、1992)、『新女性を生きよ(原題:あんなにあった酸葉をだれがみんな食べたのか)』(朴福美訳、梨の木舎、1999)、『慟哭―神よ、答えたまえ』(加来順子訳、2014)、『あの山は、本当にそこにあったのだろうか』(橋本智保訳、以上かんよう出版、2017)ほか。また、アメリカ、フランス、スペイン、タイ、中国などでも諸作品が翻訳・出版されている。
著者略歴(李 正福)
1982年韓国で生まれる。2006年来日し、横浜国立大学教育学部卒業。2010年APEC JAPANの韓国記者団の通訳や2011年横浜トリエンナーレで北仲スクール(横浜文化創造都市スクール)が主催した「アートと戦争」にも参加。以後、企業向けの翻訳・通訳の仕事と韓国語講師として活動。
著者略歴(真野 保久)
1948年富山県生まれ。神奈川大学在学中に日韓近代史に関心を持ち、歴史を学ぶ。横浜市に勤務しながら仲間たちと韓国現代文学を読む。定年退職後、延世大語学堂に語学留学。2014年、朝鮮戦争を扱った中短編小説集『王陵と駐屯軍―朝鮮戦争と韓国の戦後派文学』(朴暻恩氏との共訳、凱風社)を翻訳出版。
他の書籍を検索する