『妖精の到来〜コティングリー村の事件』の詳細情報

妖精の到来〜コティングリー村の事件
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 妖精の到来〜コティングリー村の事件
サブタイトル
著者 [著者区分]■アーサー・コナン・ドイル [著・文・その他]
■アーサー・コナン・ドイル [著・文・その他]
■井村 君江 [翻訳]
出版社 アトリエサード レーベル
本体価格
(予定)
2000円 シリーズ ナイトランド叢書
ページ数 192p Cコード 0098
発売予定日 2021-05-28 ジャンル 一般/単行本/外国文学、その他
ISBN 9784883754403 判型 46
内容紹介
1917年、イギリスのコティングリー村に住む2人の少女が、
妖精と遊ぶ様子を写真におさめた。

その写真は〈シャーロック・ホームズ〉で知られていた
コナン・ドイルの手に渡り、
強く関心を持った彼は、雑誌に記事
「妖精の写真が撮れた!──人類史上に新時代を画す一大事件」
を発表。
雑誌は3日間で売り切れ、賛否両論が世界中に広がった。

いわゆる「コティングリー妖精事件」である。

本書は、写真が大衆に普及する前に起きた〝事件〟を、
その発端から証拠や証言、反響などをまとめ、
妖精の実在の真偽を世に問いかけた、
貴重なドキュメントだ。

日本における妖精学の第一人者・井村君江による解説も収録。
目次
まえがき/井村君江

原書まえがき
第1章 いかに事件は起こったか
第2章 最初に発表されたもの 
     (「ストランド・マガジン」誌、一九二〇年クリスマス号)
第3章 最初の写真への反応
第4章 二度目に撮られた写真
第5章 ある霊視能力者のコティングリー渓谷での観察(一九二一年八月)
第6章 妖精に関する個人的見解
第7章 続いて起きた出来事
第8章 神智学から見た妖精

コナン・ドイルの「妖精写真追跡事件」を辿って/井村君江
あとがき/井村君江
著者略歴(アーサー・コナン・ドイル)
1859年、イギリス・エディンバラ生まれ。父チャールズは妖精画家。〈シャーロック・ホームズ〉や〈チャレンジャー教授〉シリーズ等のミステリ・SFで不動の名声を築いているが、「大空の恐怖」等のホラー小説、〈ナイジェル卿〉〈勇将ジェラール〉シリーズ等の歴史小説、『行動の詩』等の詩集、『ボア戦争』等の戦記ノンフィクションと、ジャンルをまたいだ精力的な執筆活動でも知られた。本書はドイルの心霊研究書の代表作で、作家の「暗」の世界への関心を知るにも避けて通れない一冊である。1930年没。
著者略歴(アーサー・コナン・ドイル)
1859年、イギリス・エディンバラ生まれ。父チャールズは妖精画家。〈シャーロック・ホームズ〉や〈チャレンジャー教授〉シリーズ等のミステリ・SFで不動の名声を築いているが、「大空の恐怖」等のホラー小説、〈ナイジェル卿〉〈勇将ジェラール〉シリーズ等の歴史小説、『行動の詩』等の詩集、『ボア戦争』等の戦記ノンフィクションと、ジャンルをまたいだ精力的な執筆活動でも知られた。本書はドイルの心霊研究書の代表作で、作家の「暗」の世界への関心を知るにも避けて通れない一冊である。1930年没。
著者略歴(井村 君江)
英文学者・比較文学者。明星大学名誉教授。うつのみや妖精ミュージアム名誉館長。金山町妖精美術館館長。著書に『妖精学大全』(東京書籍)、『ケルト妖精学』(筑摩書房)、『帰朝者の日本』(東京創元社、近刊予定)、訳書にウィリアム・シェイクスピア『新訳 テンペスト』(レベル)、オスカー・ワイルド『幸福の王子』(偕成社)、編著に『コティングリー妖精事件 イギリス妖精写真の新事実』(青弓社、近刊予定)ほか多数。
他の書籍を検索する