『妖幽夢幻〜河鍋暁斎 妖霊日誌』の詳細情報

妖幽夢幻〜河鍋暁斎 妖霊日誌
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 妖幽夢幻〜河鍋暁斎 妖霊日誌
サブタイトル
著者 [著者区分]橋本 純 [著・文・その他]
出版社 アトリエサード レーベル 《百鬼夢幻》連作シリーズ
本体価格
(予定)
2500円 シリーズ TH Literature Series
ページ数 320p Cコード 0093
発売予定日 2022-08-29 ジャンル 一般/単行本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784883754779 判型 46
内容紹介
明治の初頭、名士が集った百物語会。
時を越えた呪怨の連鎖!
=====
異能の絵師・河鍋暁斎が、絵筆と妖刀で魔に挑む!
=====

「百の結びとなります。
今宵の最後語りは、あえて話には素人の絵師の
月岡芳年師匠にお願いしてあります」――

三遊亭円朝に仮名垣魯文、山岡鉄舟、岩崎弥之助、月岡芳年……
名士ばかりが集った百物語会に現れた怪異とは?

そして、猫の妖怪、新選組と妖刀、この世を揺るがす龍――

「何ということだ、私は破壊と殺戮の為だけに生きて、いや生かされていた」

=====
絵師・河鍋暁斎を軸に、妖怪の潜む幕末&明治の時代を活写した
《百鬼夢幻》連作シリーズ
◎既刊
『百鬼夢幻〜河鍋暁斎 妖怪日誌』
=====
目次

始の譚 消えない怨火
弐の譚 見えない猫
参の譚 秘仏の尊顔
幕間の譚 妖刀奇譚
  肆の譚前語り
肆の譚 震える男
終の譚 不滅の運命
あとがき
著者略歴(橋本 純)
橋本 純(はしもと じゅん)
1963年、群馬県前橋市に生まれる。
模型建築デザイナー、フリーライターを経て、1990年頃よりミリタリーライター、架空戦記系コミックの原作者として活動を開始。1993年、『ト・ロ・ル――二〇〇X年の黙示録』で小説家デビュー。以降、『鶴翼の楯』『波動大戦』などの架空戦記、『黒髪』『家康入神伝』などのホラー、『戦国闘武伝』などの時代小説ほか、幅広いジャンルで活躍。代表作に『百鬼夢幻〜河鍋暁斎 妖怪日誌』(アトリエサード)がある。架空戦記ものの最新作は『超時空イージス戦隊』シリーズ(全3巻、コスミック出版)。
他の書籍を検索する