『アイデアの育て方』の詳細情報

アイデアの育て方
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル アイデアの育て方
サブタイトル
著者 [著者区分]小沼 敏郎 [著・文・その他]
出版社 東急エージェンシー レーベル
本体価格
(予定)
1000円 シリーズ
ページ数 108p Cコード 0030
発売予定日 2022-10-20 ジャンル 一般/単行本/社会科学総記
ISBN 9784884971366 判型 新書(B40)
内容紹介
 若くして、グローバル企業から、ベンチャー企業、大学、官公庁、法律事務所まで、多岐にわたる分野でトータルプロデュース、ブランド構築、クリエイティブディレクション、経営マネジメント、戦略アドバイザリーなどを手掛けるビジネスプロデューサーであり、また絵本作家や作詞をも手掛けるマルチクリエイターである小沼敏郎氏。
「どうしたらそんなにいろいろなことができるんですか?」と、多くの人に不思議がられる著者のアイデアとの向き合い方、育てて実現させる方法をはじめて公開する書籍です。
 本書の前半では、アイデアについての誤解を解き、その本質的な捉え方について述べ、後半では、一見、凡庸に見えるアイデアをどう育てるか、その方法を説明しています。本書の特長は、タイトルの通り〝アイデアの育て方〟を具体的に示しているところであり、目次にあるプロセスに沿って14日間じっくりと26の問いに沿ってアイデアと向き合えば、だれでもアイデアを実現できる構成になっています。著者の経験や身近な事例も多く紹介されており、「アイデアなんて苦手だ」という人も、自然といままでの思い込みを捨て、だれでもアイデアマンになる自信がついてくるでしょう。
「アイデアは才能ではない」誰もが思いつくもの。では、それを育てて実現するのに一番重要なことは?
 ビジネスパーソンに限らず、子どもからシニアまでアイデアを育てる権利はみんな平等に有している、という著者が贈るアイデア実現へのロードマップとなる1冊です。
目次
アイデアって、本当はなんなのか?

  あなたはアイデアを持っている
 
  作業をこなせ
 
  横に広げず縦に伸ばせ

  いいアイデアほど否定に遭う
 
  ネガティブ要素も含めてアイデアだ
 
  アイデアを育てるヒントは過去にある
 
  クリエイターには元ネタがある
 
  アイデアに賞味期限はない
 
  大事なのは回数と角度

  案外大事な「勇気」
 
  アイデア体質になろう


 
あなたのアイデアを育てる一四日間

アイデアを育てると決める【DAY1~2】  焦らず静かにアイデアと向き合う二日間 

アイデアにイマジネーションを与える【DAY3~5】  自由に想像しアイデアを膨らませる三日間

アイデアを突き詰める【DAY6】  集中してとことん考え尽くす一日

アイデアなんて忘れる【DAY7~8】  あなたもアイデアも休んで寝かせる二日間

アイデアを否定する【DAY9】  現実に向き合う最も不安でシビアな一日
 
アイデアを洗練させる【DAY10~11】  伝わりやすさをつくる二日間

アイデアを話す【DAY12~13】  あなたのアイデアをみんなのアイデアにする二日間

アイデアを旅に出す【DAY14】  一歩を踏み出す日は、新しいアイデアの始まりの日

 
著者略歴(小沼 敏郎)
1988年生まれ。グローバル企業から、ベンチャー企業、大学、官公庁、法律事務所まで、多岐にわたる分野でトータルプロデュース、ブランド構築、クリエイティブディレクション、経営マネジメント、戦略アドバイザリーなどを手掛ける。また絵本作家の顔も持つ。
他の書籍を検索する