『TRONWARE VOL.198』の詳細情報

TRONWARE VOL.198
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル TRONWARE VOL.198
サブタイトル
著者 [著者区分]坂村 健 [編集]
出版社 パーソナルメディア レーベル
本体価格
(予定)
1200円 シリーズ
ページ数 96p Cコード 3055
発売予定日 2022-12-15 ジャンル 専門/単行本/電子通信
ISBN 9784893623645 判型 A4変形
内容紹介
特集1 2022 TRON Symposiumプレビュー
特集2 Open Smart UR
目次
特集1 2022 TRON Symposiumプレビュー
・開催概要/講演・セッション/ハイライト
【各社出展内容紹介】
・デジタル社会に不可欠なデジタル人材育成~Intel Digital Readiness Programs~(インテル株式会社)
・OPTIGA Trust M Express組み込みセキュリティソリューション(インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社)
・IOWN社会実装に向けたNECの取り組み(NEC)
・光関連技術を活用した未来のICT基盤「IOWN」(日本電信電話株式会社(NTT))
・次の10年に向けたT-Kernelソリューション(パーソナルメディア株式会社)
・ニューノーマル時代のデジタルトランスフォーメーション(株式会社パスコ)
・産業分野・社会インフラ向けIoTエッジノードデモシステムの開発(明光電子株式会社)
・地方創生デジタルプラットフォーム「ココシル」(ユーシーテクノロジ株式会社)
・IoT研究のリーディングカンパニー(YRPユビキタス・ネットワーキング研究所)

特集2 Open Smart UR
・令和4年度UR ひと・まち・くらしシンポジウム 基調講演:未来を志向する―Open Smart UR
・「Open Smart UR」生活モニタリング住戸内覧会
・対談:INIAD×UR Open Smart URが目指す未来の住まい
・Open Smart UR 生活モニタリング住戸

「Open Smart Cityに向けたDX人材育成プログラム」が開講

連載:micro:bitでμT-Kernel 3.0を動かそう 第4回 マルチタスクの動作確認
連載:誌上セミナー μT-Kernel 3.0でIoTエッジノードを作ろう 第5回 センサーを動かそう(2)シリアル通信

セミナー情報|セミナースケジュール 2022年12月~2023年3月
Welcome to TRON Forum & Ubiquitous ID Center
公共交通オープンデータセンターに入会しよう!
Movement|TRONから見たコンピュータ業界の動向
Media|TRONに関する報道
TIVAC Information
編集後記特別編
本誌「記事ucode」の使い方
他の書籍を検索する