『平家物語』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 平家物語
サブタイトル
著者 [著者区分]高木 信 [編集]
出版社 ひつじ書房 レーベル 21世紀日本文学ガイドブック
本体価格
(予定)
2200円 シリーズ
ページ数 248p Cコード 1395
発売予定日 2023-02-21 ジャンル 教養/全書・双書/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784894765108 判型 A5変形
内容紹介
『平家物語』を理論的に読むとはどういうことなのか。従来の作者論、成立論、成立圏、諸本論の整理からの入門書とはちがう角度から、『平家物語』に迫ってみよう。「ジェンダー」「怨霊と鎮魂」「権力」「武士と死」などの物語を構築する諸モチーフから、『平家物語』の世界に分け入っていきたい。と同時に、ゼミでの発表の仕方、卒論の発想の仕方・書き方など、物語へのアプローチの基本的な方法も提示してみる。
執筆者:大津雄一、塩山貴奈、本橋裕美、水野雄太、鈴木泰恵、荻本快、樋口大祐、木村朗子、塩山貴奈、松下健二、高木信
目次
はじめに

第一部 『平家物語』の世界へ侵入する
 1 『平家物語』の権力 王法と仏法の視点から   大津雄一
 2 『平家物語』と歴史資料 虚構の視点から   塩山貴奈
 3 『平家物語』の女性像 排除された女の視点から   本橋裕美
 4 『平家物語』とナラトロジー   水野雄太

第二部 『平家物語』を理論で拓く
 5 『平家物語』とディコンストラクション 敗者の〈雅び〉と勝者の〈野卑〉とを超えて   鈴木泰恵
 6 精神分析理論から亡霊論的転回に向けて 鵼・美福門院・王制   荻本 快
 7 『平家物語』とポストコロニアル批評   樋口大祐
 8 『平家物語』とフェミニズム批評   木村朗子

第三部 『平家物語』の世界を案内する
 9 系図   塩山貴奈
 10 日記一覧   塩山貴奈
 11 『平家物語』略年譜   松下健二
 12 『平家物語』主要諸本の概略   松下健二
 13 九○年代以降の『平家物語』批評   松下健二
 14 必須参考文献一覧   松下健二
 15  『平家物語』でゼミ発表をするとき、あるいはレポート、卒論、修論を書くときの工具書   高木 信
 16  『平家物語』で卒業論文・レポートを書くためのひとつの提案   高木 信

おわりに
索引
執筆者紹介
著者略歴(高木 信)
高木信(たかぎ まこと)
一九六三年生まれ。名古屋大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。相模女子大学学芸学部教授。
主な著書に、『「死の美学化」に抗する―『平家物語』の語り方』(青弓社、二〇〇九年)、『亡霊たちの中世』(水声社、 二〇二〇年)、『亡霊論的テクスト分析入門』(水声社、 二〇二一年)ほかがある。
他の書籍を検索する