『びんから だしてごらん』の詳細情報

びんから だしてごらん
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル びんから だしてごらん
サブタイトル
著者 [著者区分]■なかがわ ちひろ [翻訳]
■デボラ・マルセロ [著・文・その他]
出版社 光村教育図書 レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ
ページ数 33p Cコード 8797
発売予定日 2022-10-04 ジャンル 児童/絵本/外国文学小説
ISBN 9784895722964 判型 A4変形
内容紹介
きもちに振り回されるのがいやなルウェリンは、わき起こるきもちをびんに入れてしまい込み、ついに何も感じなくなります。ところがある日、親友マックスの一言を引き金に、再びきもちがあふれ出し、しまっていたびんが割れて…。前作『びんに いれてごらん』と対になる本作のテーマは、自己受容。ありのままの自分を受け入れることの大切さ、感情や感覚が動くことで、人生がより彩り豊かになるということを伝えるストーリー。
目次
著者略歴(なかがわ ちひろ)
子どものための本の作家、翻訳家。『かりんちゃんと十五人のおひなさま』(偕成社)で野間児童文芸賞を受賞。創作絵本に「おたすけこびと」シリーズ(徳間書店)、翻訳絵本に『せかいで いちばん つよい国』(光村教育図書)など。
著者略歴(デボラ・マルセロ)
アメリカの絵本作家。ミシガン大学でデッサン、写真、版画を学んだ後、シカゴ芸術大学で詩を学び、修士号を取得。その後、シカゴで教師を務め子どもたちと関わるうちに、子どもの本の作家になることを決意したという。ミシガン州在住。
他の書籍を検索する