『復刻新版 樋口季一郎回想録』の詳細情報

復刻新版 樋口季一郎回想録
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 復刻新版 樋口季一郎回想録
サブタイトル
著者 [著者区分]樋口季一郎 [著・文・その他]
出版社 啓文社書房 レーベル
本体価格
(予定)
4500円 シリーズ
ページ数 Cコード 0021
発売予定日 2022-09-05 ジャンル 一般/単行本/日本歴史
ISBN 9784899920809 判型 46
内容紹介
2万人のユダヤ人を救った、
もう一人の「東洋のシンドラー」
と呼ばれる軍人──樋口季一郎
その半生記が新版として復刻!

第二次世界大戦直前、ナチスの迫害から逃れたユダヤ難民を酷寒の満州で救済。
ポツダム宣言受託後はソ連の北海道侵攻を阻止した、陸軍中将・樋口季一郎。
氏の功績を再び世界に伝えるべく、その史実に再びスポットライトが当たる。

『アッツキスカ軍司令官の回想録』(昭和46年・芙蓉書房)
『陸軍中将 樋口季一郎回想録』(平成11年・芙蓉書房出版)
待望の復刻新版
目次
著者略歴(樋口季一郎)
明治21年兵庫県生まれ。陸軍士官学校・陸軍大学卒業後、参謀本部勤務。ウラジオ派遣軍司令部付となり、ウラジオ、ハバロフスクの特務機関に勤務。朝鮮軍参謀を経て大正14年んポーランド公使館付武官となり、日本軍人として初めてロシア革命後のウクライナなどの視察を許された。
昭和12年ハルピン特務機関長となり、翌年ハルピンで開かれた第一回極東ユダヤ人大会後に、ナチスの迫害から逃れたユダヤ人が満州国西部国境で立ち往生する事件が起きる。
満州国ははじめ門戸を閉ざしたが、樋口の奔走で受け入れを決定、満鉄の救援列車がハルピンに移送した。ユダヤ難民救援の陰の大恩人、樋口の功績は戦後も海外で高く評価されている。
昭和18年には北方軍司令官としてアリューシャン方面作戦に参画、アッツ島玉砕、キスカ島撤退作戦を指導した。昭和45年没。
他の書籍を検索する