『続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻』の詳細情報

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻
サブタイトル
著者 [著者区分]■渡辺 道明 [著・文・その他]
■渡辺 道明 [著・文・その他]
出版社 林檎プロモーション レーベル
本体価格
(予定)
600円 シリーズ ココカラコミックス
ページ数 192p Cコード 0979
発売予定日 2020-07-09 ジャンル 一般/コミック/コミックス・劇画
ISBN 9784906878758 判型 B6
内容紹介
地下都市の最下層あったかっての妖精王の居城時の鐘城で、三人に分かれたフルートたちは兄リュートの無念が残る部屋マドイに入る。そこで鐘城の案内人、猫のベルにリュートがベースに魂を奪われ苦しむ中、秘かに思い続けた願い(課題テーゼ)を探せという。テーゼを三つ集めると大時計が回り、全ての願いが叶うという。それを奪おうと冥法王ベースjrと黒いサイザーが彼女らを襲う。一方クラーリィはそのマドイでリュートを助けたかったが願いが叶わなかった、同じように魂が戸惑っている幼なじみのクルーセイダーズたちに少年の姿で会う。舞台はハーメルが母パンドラを水晶にされた皆殺しのアンセム・・・!!果たして彼らの時空を超えた争奪戦の結果はいったい!?
目次
著者略歴(渡辺 道明)
作者:渡辺道明 1988年、第22回新人コミック大賞に入選。小学館でデビューを果たす。 1990年にニックスファンタジーコミック大賞にて「ハーメルンのバイオリン弾き」が大賞を受賞。同作が『月刊少年ガンガン』に掲載され連載デビュー。この作品は10年間という長期ヒット作品となり、初期の『ガンガン』の屋台柱となった。
著者略歴(渡辺 道明)
作者:渡辺道明 1988年、第22回新人コミック大賞に入選。小学館でデビューを果たす。 1990年にニックスファンタジーコミック大賞にて「ハーメルンのバイオリン弾き」が大賞を受賞。同作が『月刊少年ガンガン』に掲載され連載デビュー。この作品は10年間という長期ヒット作品となり、初期の『ガンガン』の屋台柱となった。
他の書籍を検索する