『鏡のなかのボードレール』の詳細情報

鏡のなかのボードレール
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 鏡のなかのボードレール
サブタイトル
著者 [著者区分]■くぼた のぞみ [著・文・その他]
■くぼた のぞみ [著・文・その他]
出版社 共和国 レーベル 境界の文学
本体価格
(予定)
2000円 シリーズ
ページ数 212p Cコード 0098
発売予定日 2016-06-09 ジャンル 一般/単行本/外国文学、その他
ISBN 9784907986209 判型 46変形
内容紹介
現代詩の始祖にして19世紀最大の詩人、シャルル・ボードレール。その恋人ジャンヌは、カリブ海出身で白人と黒人の混血女性でした。著者のくぼたのぞみさんは、詩人がかの女に捧げた「ジャンヌ・デュヴァル詩篇」を中心に語り、それらを訳し直しながら、さらにノーベル賞作家クッツェー『恥辱』へと、その思索を開いてゆきます——まるで割れた鏡の断片に、ふたりの姿が映し出されるように。それらの詩篇は、本邦初の女性訳『悪の華』ともなっています。
また、かの女を主人公にしたアンジェラ・カーター(Angela Carter)の傑作短篇「ブラック・ヴィーナス」(Black Venus)も新訳で収録。ボードレールを《世界文学》として読みかえるための、とても贅沢な1冊になりました。 
新シリーズ[境界の文学]第1弾。
目次
01、コンスタンシアの葡萄酒より
02、エキゾチックな香り
03、髪と猫
04、日本語とジャンヌへの眼差し
05、鏡、あるいはジャンヌの瞳
06、鏡のなかのボードレール
07、ボードレールと日本
08、『悪の華』と翻訳──詩と抒情詩の違い
09、J・M・クッツェーのたくらみ、他者という眼差し
10、ボードレールになってみる

附録、ブラック・ヴィーナス by アンジェラ・カーター

あとがき
著者略歴(くぼた のぞみ)
1950年、北海道新十津川生まれ。翻訳家、詩人。東京外国語大学フランス語科卒。
おもな著書に、詩集『記憶のゆきを踏んで』(水牛/インスクリプト、2014)、『愛のスクラップブック』(ミッドナイト・プレス、1992)、『山羊にひかれて』(書肆山田、1984)、『風のなかの記憶』(自家版、1981)など。
おもな訳書に、J・M・クッツェー『マイケル・K』(岩波文庫、2015)、同『サマータイム、青年時代、少年時代──辺境からの三つの〈自伝〉』(インスクリプト、2014)、ポール・オースター& J・M・クッツェー『ヒア・アンド・ナウ 往復書簡集2008-2011』(共訳、岩波書店、2014)など多数。
著者略歴(くぼた のぞみ)
1950年、北海道新十津川生まれ。翻訳家、詩人。東京外国語大学フランス語科卒。
おもな著書に、詩集『記憶のゆきを踏んで』(水牛/インスクリプト、2014)、『愛のスクラップブック』(ミッドナイト・プレス、1992)、『山羊にひかれて』(書肆山田、1984)、『風のなかの記憶』(自家版、1981)など。
おもな訳書に、J・M・クッツェー『マイケル・K』(岩波文庫、2015)、同『サマータイム、青年時代、少年時代──辺境からの三つの〈自伝〉』(インスクリプト、2014)、ポール・オースター& J・M・クッツェー『ヒア・アンド・ナウ 往復書簡集2008-2011』(共訳、岩波書店、2014)など多数。
他の書籍を検索する