『マーロー殺人クラブ』の詳細情報

マーロー殺人クラブ
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル マーロー殺人クラブ
サブタイトル
著者 [著者区分]■ロバート・ソログッド [著・文・その他]
■髙山祥子 [翻訳]
出版社 アストラハウス レーベル
本体価格
(予定)
2000円 シリーズ
ページ数 442p Cコード 0097
発売予定日 2022-08-10 ジャンル 一般/単行本/外国文学小説
ISBN 9784908184352 判型 46
内容紹介
ジュディス・ポッツは77歳。ロンドン郊外マーローの古びた邸宅に独り住まいで幸せな日々を送っている。まわりには、仕事やウィスキーの量に口をさしはさむ人などおらず、退屈しのぎに「タイムズ」紙向けのクロスワード・パズルを考案している。ある夜、テムズ川で泳いでいると、ジュディスは残忍な殺人を目撃してしまう。地元警察は彼女の話を信じず、ジュディスは自ら事件の調査に乗り出すと決め、ドッグ・ウォーカーのスージーと、司祭の妻であるベックスを仲間に加え、「マーロー殺人クラブ」が誕生する。別の死体が現れたとき、3人は自分たちの行動範囲に連続殺人犯がいることに気づく。3人が解こうとしたパズルは、逃れることができない罠となる。
目次
(目次なし)
本文のほか、登場人物表、謝辞、訳者あとがき
著者略歴(ロバート・ソログッド)
1972年、英国エセックス州コルチェスター生まれの脚本家、小説家。10歳のときにアガサ・クリスティの『邪悪の家』を読んでミステリーと恋に落ち、本作で本格デビュー。
現在は作品の舞台となったロンドン郊外のマーローに妻、子供、2頭のウィペット犬と一緒に暮らしている。
著者略歴(髙山祥子)
1960年、東京都生まれ。成城大学文芸学部卒業。訳書にアリソン・マクラウド『すべての愛しい幽霊たち』、ケイト・ウィンクラー・ドーソン『アメリカのシャーロック・
ホームズ』、レスリー・M・M・ブルーム『ヒロシマを暴いた男』、ジャネット・スケスリン・チャールズ『あの図書館の彼女たち』など多数。
他の書籍を検索する