『精神療法でわたしは変わった ~苦しみを話さずに心が軽くなった ~ 』の詳細情報

精神療法でわたしは変わった
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 精神療法でわたしは変わった
サブタイトル 苦しみを話さずに心が軽くなった
著者 [著者区分]■増井 武士 [著・文・その他]
■神田橋 條治 [解説]
出版社 木立の文庫 レーベル
本体価格
(予定)
1400円 シリーズ
ページ数 152p Cコード 1011
発売予定日 2022-09-02 ジャンル 教養/単行本/心理(学)
ISBN 9784909862259 判型 46変形
内容紹介
精神療法の本はふつう、カウンセラーの目に映ったクライエントが描かれます。ところがこの本では、クライエントの目に映ったカウンセラーが描かれているのです。その“主客転倒”の発想だけでも稀有な本書ですが、加えて、ここで紹介されるカウンセリングは、「言葉」に頼らない手法なのです。それがクライエントの「体感」実況中継で語られます。――ひとりの女性がしぼり出す“心の声”をタテ糸に、出会った精神療法家との“心の置きどころ”さがしをヨコ糸に、紡がれる“苦しみ”変容の綾。そして精神療法のツボ。
目次
○煩悶と訴え
   きっかけ 
   おまえの教育が悪い
   煩わしい問い合わせ
   失望だらけのクリニック

○言葉になることならないこと
   悩みを言葉にしない
   出会い
   秘密の入れ物と置き場
   自分からそっと抜け出る
   問題を適切なところに置いてみる
   疑問と問いかけ
   もうすこし尋ねてみる

○精神療法でわたしは変わった
   求める道を知るために
   深いところでの願い
   怒りへの接し方
   こころのピンポン
   気楽ということ
   あの世から見たこの世
   平均値の道で立ち停まって
   話しかけてみた

      エピローグ
      あとがき

      刊行に寄せて 神田橋條治
著者略歴(増井 武士)
1945年生まれ。
九州大学大学院博士課程修了。
同大学教育学部助手を経て、産業医科大学医学部医学心理学教室准教授。教育学博士(九州大学)。
同大学病院精神・神経科および産業医実務研修センターを併任。

日本心理臨床学会常任理事、同学会倫理委員長、編集委員などを歴任。
日本臨床心理士会全国区代議員などを務める。

産業医科大学退職後、九州産業大学国際文化学部教授を経て、
現在、東亜大学大学院客員教授。
著者略歴(神田橋 條治)
1937年生まれ。
1961年、九州大学医学部卒業。
1971-1972年、モーズレイ病院およびタビストック・クリニックに留学
1984年~ 伊敷病院(鹿児島市)にて診療。

本書『精神療法でわたしは変わった』の著者:増井武士、旧知の師匠。
他の書籍を検索する