『ベンチャー・キャピタリスト ──世界を動かす、最強の「キングメーカー」たち』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ベンチャー・キャピタリスト ──世界を動かす、最強の「キングメーカー」たち
サブタイトル
著者 [著者区分]■SOZO VENTURES [監修]
■フィル・ウィッカム [著・文・その他]
■後藤直義 [著・文・その他]
出版社 ニューズピックス レーベル
本体価格
(予定)
2600円 シリーズ
ページ数 576p Cコード 0034
発売予定日 2022-03-11 ジャンル 一般/単行本/経営
ISBN 9784910063218 判型 46
内容紹介
【孫正義/ピーター・ティール/モデルナワクチンの仕掛け人など、世界の「キングメーカー」勢揃い】

ギャンブラーよりもクレイジーで、起業家よりもビジョナリー。

時に1兆円を超える巨額を投じ、名だたるスタートアップ企業をリードしながら、新たな産業を創り出す、「キングメーカー」の投資戦略とノウハウ、その全思考がついに明かされる。



日本経済史上、最高の利益を叩き出したのはスタートアップ投資だったーー。
2020年3月期、孫正義が率いるソフトバンクグループの投資会社「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が叩き出した純利益5兆円(含み益込)は、日本企業のあらゆる記録を打ち破った。

いまやスタートアップへの投資が、国力を左右するキーファクターになっている。
その投資額はグローバルで50兆円に達する勢いで激増しており、7年前に初めて使われたユニコーン企業(時価総額1000億円以上のメガベンチャー)は、いまや世界で1000社に届こうというスピードで増殖している。

新型コロナのワクチンを作ったモデルナ、コミュニケーションの生命線となったズーム、脱炭素のアイコンとなっているテスラ、宇宙防衛産業のフロンティアにいるスペースXまでーー。
GAFAを始めとする巨大なスタートアップの裏側には、彼らを「時代の覇者」に押し上げてきた、知られざる黒幕がいる。

それが、スタートアップ投資を専門にするベンチャーキャピタルだ。

イノベーションの世界の舞台裏で、ハイリスクハイリターンの投資を繰り返しては、時には想像を絶するような利益を手にしてゆく。彼らは巨額を動かす投資家でありながら、起業家スピリットをもつビジネスエリートにして、イノベーションの再現性を探る科学者のようでもある。

アメリカだけで8000社を超えるベンチャーキャピタルの中でも、トップ・オブ・トップの「超勝ち組」と呼ばれる一握りの投資集団たちが、長らくイノベーションの世界のキングメーカーとして君臨してきた。いわば未上場の株取引市場は「独占産業」だった。

普段、ほとんどその姿は表に現れず、長らく秘密のベールの内側に包まれてきた。
しかし、NewsPicksサンフランシスコ支局長を務めるジャーナリストの筆者が、シリコンバレーで有数の投資実績を誇るSozoVenturesの協力を得て、GAFAを始め、ズーム、テスラ、スラック、コインベースなどを初期から支えてきた、実に31社40人以上の独占取材に成功。
トップオブトップのベンチャーキャピタリストが網羅された、本邦初のインタビュー集だ。

いまだに世界3位の経済規模をもちながら、なぜ日本から革新的なビジネスがなかなか生まれず、そのポテンシャルを引き出せないのか。
日本が30年間、見落としてきたその答えを、世界的なテクノロジー企業たちと巨万の富を作ってきた、キングメーカーたちが教えてくれるはずだ。
目次
はじめに:イノベーションの「最後尾」に私たちはいるのか

1章:ベンチャーキャピタルが世界を喰っている
[Column1]巨木セコイアの正体

2章:進化し続ける「キングメーカー」の秘密
[Column2]VCの起源、ハイリクハイリターンの捕鯨産業

3章:シリコンバレーの王たち
ピーター・ティールが語る未来の創り方
シリコンバレーのカリスマ、少数精鋭トップVCの秘密
ズームを掘り出した、SaaS投資の王様
燃え尽きた天才に、スラックを作らせた男
[Column3]メディア化するa16z
金融を知り尽くした、ファイナンスのプロ集団
お金の世界を塗り替える、異端VCの正体
知財を操る、ディープテック投資の巨人
ヘルスケア投資のゴッドハンド
超名門VCの再建を託された男
[Column4]グーグルが作った「異端のCVC」

4章:異能のディスラプターたち
世界を震撼させた、孫正義「10兆円ファンド」の正体
モデルナを生んだ、ライフサイエンスの「創業集団」
「ダイヤの原石」を磨く、気鋭のアクセラレーター
シリコンバレーで最もパワフルな女性投資家
成功のシグナルを見抜く、データ投資のマジシャン
VCをディスラプトする、新しいVCの誕生
投資モデルを再発明する、VC業界のレジェンド
[Column5]24時間以内に巨額投資をオファーする、タイガー軍団の正体

5章:世界各地の覇者たち
スポティファイを生んだ、北欧のゲームチェンジャー
欧州を覚醒させた、起業家コミュニティの「グランドゼロ」
中国のユニコーン軍団をとらえた巨人
インドの「カンブリア爆発」を手にした野望
東南アジアのブルーオーシャンを制する賢者
インドネシアを圧倒する、創業投資のカリスマ
巨大な経済圏を作った、南米最大の投資集団
最後のフロンティア、アフリカ投資の破壊力
NPO発、世界の起業家ネットワークへの「マイクロ投資」
[Column6]なぜラッパーが、スタートアップ投資に群がるのか

6章:新産業をつくる革新者たち
E・マスクが惚れた「儲かる環境投資」の実践者
ビル・ゲイツが進める、気候変動投資の秘密
科学者をCEOに進化させるバイオラボ
医療の世界を革新する、スタートアップ製造工場
女性から黒人まで、マイノリティに光を当てる新鋭VC
異文化に眠る、ビジネスを掘り出す情熱
[Column7]ソロVCの台頭

7章:ベンチャーキャピタルの「不都合な真実」
[Column8]スタートアップ投資を民主化せよ!

おわりに:イノベーションの秘密
著者略歴(フィル・ウィッカム)
Sozo Ventures 共同創業者/パートナー
シリコンバレーの国際展開支援のトップファンドとして知られているSozo Venturesにおいて、ツイッター、スクエア、コインベース、ズームといった投資案件を支援する。
ベンチャー投資家、スタートアップ起業家として豊富な経験を有し、カウフマン・フェローズのCEOを経て名誉会長として、ベンチャーキャピタルの次世代リーダーの育成を支援してきた。カウフマン・フェローズ出身者が設立したの数多くのファンドを支援し、Creandum Fund等で名誉顧問を務めている。
また、スタンフォード大学工学部大学院で教鞭をとり、早稲田大学ビジネススクールの客員教授も務めている。
著者略歴(後藤直義)
NewsPicks 副編集長(サンフランシスコ支局長)
1981年東京生まれ。青山学院大学文学部卒業。毎日新聞社を経て、週刊ダイヤモンドを経て、2016年にNewsPicks編集部に参画。企業報道チームを立ち上げ、シリコンバレーにおけるテクノロジーの最前線から、中国で勃興するスタートアップなど幅広くカバー。2019年にはサンフランシスコ支局を開設。これまで『アップル帝国の正体』(2013年共著、文藝春秋)や、『LINE 韓流経営』(2016年、扶桑社)など執筆。
他の書籍を検索する