『死が三人を分かつまで』の詳細情報

死が三人を分かつまで
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 死が三人を分かつまで
サブタイトル
著者 [著者区分]■ケイティ・グティエレス [著・文・その他]
■池田真紀子 [翻訳]
出版社 U-NEXT レーベル
本体価格
(予定)
2000円 シリーズ
ページ数 464p Cコード 0097
発売予定日 2022-10-07 ジャンル 一般/単行本/外国文学小説
ISBN 9784910207230 判型 46
内容紹介
2017年7月、売れない犯罪実話ライターのキャシーはひとつの記事に目をとめた。テキサス州南部の地方紙が、1986年8月に起きたアルゼンチン人男性銃殺事件の背景を探っていた。二人の男と重婚した女性ローレ、彼女の夫によるもう一人の夫の殺人。全ての原因となったローレは取材を拒否していた。もし彼女の視点で事件を書けたら? キャシーはローレに接近し、事件当時のことは話さない条件で取材権を得た。共に秘密を抱えた二人の女性の対決はやがて……。フーダニットを巡って手に汗握る実録系サスペンスの怪作!
目次
著者略歴(ケイティ・グティエレス)
テキサス州立大学MFA文芸プログラムを修了後、『タイム』『ハーパーズ バザー』『ワシントン・ポスト』などの紙誌に寄稿。テキサス州ラレード出身、現在は夫と子供二人とともにテキサス州サンアントニオ在住。本作で長編デビューを果たす。
著者略歴(池田真紀子)
英米文学翻訳家。訳書にジェフリー・ディーヴァー「リンカーン・ライム」シリーズ、ジョセフ・ノックス『スリープウォーカー』、チャック・パラニューク『ファイト・クラブ』『サバイバー』、ミン・ジン・リー『パチンコ』など。
他の書籍を検索する