『卑弥呼物語ー愛の誓約』の詳細情報

卑弥呼物語ー愛の誓約
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 卑弥呼物語ー愛の誓約
サブタイトル
著者 [著者区分]生田魅音 [著・文・その他]
出版社 歴刻文庫 レーベル
本体価格
(予定)
2700円 シリーズ
ページ数 446p Cコード 0093
発売予定日 2022-08-22 ジャンル 一般/単行本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784991190810 判型
内容紹介
卑弥呼の生涯を描ききった歴史長編小説。文献と遺跡の示すところに基づいて、弥生時代の暮らしと卑弥呼とその周辺の人物の言動とをクリエーティブに書き綴った『九州説』として完成をみた作品。『魏志倭人伝』を丹念に読み解き、40年以上にわたる独自の遺跡・遺物研究と記紀研究によって生み出された生田魅音の力作。
ムラからクニへと纏まりつつあった倭人の暮らしは如何に・・・
最大の関心事、卑弥呼の都はどこに・・・
そして、両親や弟や愛人は、だれ・・・
感動の結末は、読む者の心を打つであろう・・・
目次
第一章 ナギとナミの出逢い
第二章 ナミ妃の乱心
第三章 三貴子の誕生
第四章 幼少期の想起
第五章 父の死 母とカリンの決意
第六章 いざ旅立ち
第七章 清清しい実りを実現させた二つのムラ
第八章 須玖岡本の工房にて
第九章 夜須川の清き流れに
第十章 久津媛との出会い
第十一章 王女の葛藤
第十二章 海の神となった三女
第十三章 母ナミの死
第十四章 変わりゆく三きょうだいの内情
第十五章 女王卑弥呼の誕生
第十六章 卑弥呼の施策
第十七章 女王の恋
第十八章 大和のニギハヤヒ
第十九章 狗奴国と倭国
第二十章 魏への朝貢
第二十一章 小枝の鳥が見たもの
第二十二章 永遠なれ 愛の誓約(うけい)
著者略歴(生田魅音)
1960年熊本市生まれ。琉球大学教育学部卒業。34年間の教職生活を経て、現在執筆活動を展開中。『季節感と少年時代』『あの青い空と海を』などの作品を発表。本作『卑弥呼物語』は、4年の歳月を掛けて完成させた。歴史的事象と現代若者の生き様を融合した作品づくりを手掛けている。趣味はマジック、全国の古代遺跡を巡ること。
他の書籍を検索する